ダウンライトではなくシーリングライトの方が便利?

こんばんは。
しんパパです。

2018年になりまして、やっと今年に家が建つと思うととても嬉しくなりますね。

早く夏にならないかなと待ち遠しく思います。

前回の記事ではダウンライトを採用したくない事を書きました。

ではどのような方法を取るのか、私なりに考えてみました。

天井の圧迫感は?

 
まずダウンライトにすると埋め込み式なので天井がスッキリするというメリットがあります。

これは開放感にもつながるのかと思っています。

でも実際ダウンライトじゃなきゃ開放感が出ない(他のライトだと圧迫感が出る?)のかを考えてみました。

今は賃貸アパートに住んでいますが、そこではどんなライトを使ってるのかまじまじと見てみました。
(そんな広くないですが、)

ダウンライトはないですが、出っ張ったダウンライトみたいなものがありました。

photo by しんパパ

洗面所に設置されてますが、今まで圧迫感などは感じずに(縦側の)過ごせていました。

このライトが約10センチ程出っ張っています。

また天井高は235センチ程なので、一条工務店の天井高は240センチが標準(オプションで260センチがある)だから少し天井は高いです。
(天井高が240センチというのは他のハウスメーカーや工務店でもだいたい同じくらいかと、、、)

この事を考えると、ダウンライトで埋め込まなくても、圧迫感は感じないで済むと思います。
(スッキリ感はなくなるかもしれません。)

普通に過ごす分には問題ないと判断します。

ダウンライトの代わりは小型シーリングで

 
少し出っ張りがあっても大丈夫と判断した所で、ライトについていろいろ調べているとシーリングライトに行き着きました。

シーリングライトって聞くと部屋の真ん中に大きいのが1つあって、調光が出来たり、昔でいうと豆電球がついてたりするイメージがありましたが、今は小型シーリングライトっていうのもあるんですね。

この小型シーリングなら出っ張りが約4センチ程ですから、今住んでる賃貸アパートの洗面所にあるライトと比べ、6センチ程コンパクトです。

今の洗面所の10センチ程出っ張ってるライトで圧迫感が気にならないので、小型シーリングならもっとスッキリすると予想します。

だからダウンライトの代わりに小型シーリングで良いと思いました。

シーリングライトって万能じゃない?

 
ダウンライトの代わりにシーリングにしようと思った時、他にもどんなシーリングライトがあるか調べてみました。

そうするとシーリングライトってたくさんの種類があって面白いんですね。

ライティングレールがつけられます。

これであればテーブルの上とかにつけてペンダントライトとかと合わせてつければおしゃれですね。

また印象が変わるライトをつける事が出来ます。

これは電球が付け替えられるので、今のスマート電球とかと合わせれば、音楽を流せたり、色を変えたりして楽しめそうですね。

やっぱり長く住んでるとちょっと雰囲気を変えたいなぁと思う時があると思うんです。

そうなった時に気軽にリメイク出来れば楽しいと思いました。
(私はめんどくさがりなので結局変えない気もします(笑))

そういう意味でもシーリングライトにするとメリットがあると思っています。

電気図面を引っ掛けシーリングに

 
というわけで私はダウンライトの部分を引っ掛けシーリングの施工のみお願いする事にしました。

ダウンライトにしなかった代わりに施工のみですから、何もつけてないとだらしない感じになってしまいますから早く取り付けなきゃいけませんね。

小型シーリングライトは一条工務店でも用意出来るとの事ですが、先程載せた小型シーリングよりも割高になるので、自分達で用意する事にしました。

約15箇所程ですので、シーリングライトの費用は2万円いかないくらいですね。

家が建って最初の買い物は小型シーリングライトになりそうです。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。