一条工務店じゃなく建売で家を購入しとけば良かったと思った瞬間

こんばんは。
しんパパです。

一条工務店で家を建てるよりも建売で買っちゃった方が良かったなぁと思った時期がありました。

でも一条工務店の性能が良くないとか、合わないとかそういった理由ではなく、私個人的に抱えた精神的な問題です。

春頃には家が建つと思ってた

 
一条工務店で契約して、土地の件でなんやかんややってきて、やっとこさ打ち合わせが始まった頃、営業さんからは「春頃には家が建つと思ってます。」と聞いてた時期がありました。
(私の聞き間違えかもしれません。)

嫁さんとも2人で春頃には家が建つと勝手に想像しながらわくわくしていました。

しかし、11月の農振除外申請が降りて蓋を開けてみたら、10月頃の引き渡しになると聞いて、春頃に建つと思っていただけにとてもショックでした。

春頃とは4月〜6月と思っており、やはり4ヶ月以上先に延びると思うと、長く感じます。

今の仕事を辞めたい

 
家が建つのが延びると、ただ長くなるから嫌というわけではなく、私の仕事の事が関係してます。

あまり今の職場に対して良く思っていなく、以前から退職したいと考えていました。
(介護の仕事です。)

しかし家の購入の話が家族間で出てからはローンの関係上、退職する事を我慢するようになりました。

ローンは最低でも1年勤続してないと組めないと言われているので、辞めるわけにはいかないと思っています。
(3年未満はフラット35しか組めない?3年以上勤続してるといろんなローンの組み方が出来るとか。)

ローン組む前に仕事を辞めてしまう人なんていないですよね?(笑)

春頃には辞められる期待があっただけに、秋にならなきゃ辞められないというのは本当にガックリ気が落ち込みました。

次の職場も決まってた

 
ちょっとしたコネですが、自分に合う働き方をしたくて、それを許してくれる会社がありました。

今の職場を辞めたかったものですから、いろいろ相談に乗っていただき、家の購入の事情も飲み込んでくれて、春まで待ってくれるよう話をしていました。

そこで勤められたら、本当に自分のやりたい事が出来ると思っていましたし、来年からスタートしたい事もあったので、転職できる事にワクワクしていました。

ここまで来年の人生設計をしてて、その準備を始めるぞって時に10月頃の引き渡しと聞いて更にショックが大きかったのです。

一応、次の会社には秋になってしまうと伝え、待ってくれるとは言ってましたが。。。

建売のメリットはやはりスピード

 
今の職場を辞めたいのに辞めるのが延びてしまった事と、新しい会社に夢と希望を持っていたのに、行きたい時期に行けなくなってしまった事が、ダブルパンチで精神的にかなりのダメージを与えました。

そんな時にふと思ったのが
建売だったらこんな思いをしなくて済んだんじゃないか?
というものでした。

建売で購入した経験はないので、どれくらいの期間を要するかはわかりませんが、ネットでも建売は内装もすぐ見れて、決まっちゃえばすぐに住めるというのも書いてありましたから、1ヶ月もあればいけちゃうのかなと思ってます。

実際は引っ越しだったり、いろいろあってもう少しかかる場合もあるかもしれませんが。

ただやっぱり注文住宅は時間がかかりますし、更にうちは土地をいろいろ申請しなければなりませんから、余計時間がかかります。

この時間のロスというものが時には人を不利益にするものでもあると思います。

私がもし10月にかかってしまったら、仕事の引き継ぎとかできっと再来年くらいに結局なってしまいます。

もしかしたら新しい人材が入ってしまうかもしれませんし、経験値上遅れを取ってしまいます。

次の人生のステップを上がりたいのに上がれない辛さというのもあり、建売住宅はそこのストレスがないように思います。

このスピード感が出せるのも建売住宅のメリットでもあると思います。

一条工務店の良さを私は知ってしまった以上、今から建売を買うというのも勇気が要りますし、買う事はありませんが、本当に一瞬後悔を覚えました。

家の性能うんぬんも大事ですが、自分の人生を考えた時に、建売住宅を選ぶのもありだと思いました。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。