一条工務店に出会ってから現在までの流れ、、、農地転用は時間がかかる

こんにちは。
しんパパです。

一条工務店のモデルハウスに行って、農地転用の申請まではものすごく忙しい(提出書類の用意が)日々を送っていました。

まずは第一回目に一条工務店のモデルハウスに行ったのは去年の5月末です。

私が一条工務店を気に入った時の事

そして別のモデルハウスに行って営業さんを変更したのが6月の始め頃です。

一条工務店の営業さんを変更!

その時に工場見学が出来ると説明を受け、栃木にある工場に行ったのが6月の中旬頃です。

一条工務店の工場見学でのくじ引きの結果、、、

工場見学が終わりなんだかんだ言われ、坪単価が上がるとの事で仮契約をしたのが6月末です。
(こう考えると6月はかなり一条工務店と関わってますね)

仮契約の時を振り返る

仮契約金の入金も済ませ一先ず落ち着いたかと思えば、農地転用の説明だったり、自分がどれくらいのローン組めるかで、給料明細を集めたり(今の職場に就いて1年くらいだった)そんな事で7月中もなんだかんだやる事がありました。

そしてローンを組む時の手数料が本契約をすれば無料になると言われ本契約したのが7月末です。

一条工務店の仕掛けによって本契約させられた?

本契約をしては8月中は地盤調査をやっており、こちらで何かする事はほとんどなく、9月になってからは、土地に関しての申請書類や融資の申請書類などを求められたり、太陽光発電の申請をしたりして、10月にはまた不備があったり、追加書類を集めてました。
(9月10月は介護とは別の仕事があり、個人的には忙しかった(笑))

夢発電をきっかけに太陽光発電の事を学んだ

書類が全て揃ったところで、設計士さんを紹介され間取りのイメージなどの話をし、分筆合筆の打ち合わせをしました。

この時は12月の農地転用の申請に間に合わせなきゃいけないとの事で、11月の中旬にはどこのラインにするか決めなければならず、ギリギリまで打ち合わせをしてました。

土地の分筆合筆はハウスメーカーにお願いした方がいいかも?

5月から11月まで約半年間でたくさんの出来事があって、期限が迫ってたりとかなりケツを叩かれながら過ごした日々でした。

考える期間は少ないように感じますが、集中して考えたりした為、それなりに自分の中に落とし込めて決められたと思っています。

本来であればここまでいけばすぐに着工という流れになるのかもしれませんが、やはり農地転用は時間がかかるなぁと感じるのは、申請からすでに何もしない状態で半年が過ぎているというところです。

今月末から徐々に打ち合わせが始まるという事なので、「待ってました!」という感じですね。

それでも家が建つのが来年の3月頃(早くて)なのでまだまだですが(笑)

引き渡しまでの間、なんとか楽しみながら過ごしていきたいと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ