夢発電をきっかけに太陽光発電の事を学んだ

こんばんは。
しんパパです。

一条工務店の魅力の一つとして、夢発電というものがあり、導入してる方も多いのではないかと思います。

元々私は電力会社に頼らずに、自らエネルギーを作って、生活ができるようにしていきたいと思っていたので、太陽光発電を取り入れようと考えていました。

今思えば、自らエネルギーを作って生活をしていくなんて夢物語で、かなり浅はかな考えと知りましたが。

やっぱり太陽光発電というのも投資できる力がないといけませんし、結局売電という形で元を取るので電力会社に頼らずにはいられません。

でも太陽光発電を取り入れようと思っていたので、一条工務店の夢発電は私にとって目から鱗のような存在でした。

私のように初期投資出来る力がなければ中々太陽光発電を取り入れようにも難しかったりするのではないかと思います。

補助金などがあったりしますが、昔と比べかなり少なくなってるようですし、売電価格も下がってますから取り入れない家も増えてきてる気がします。

そんなわけで私は一条工務店の夢発電の導入を考えたりする事なく、即導入の決断を致しました。
(今からでも取り止め出来ますが。)

導入するに当たって色々と営業さんに説明を受けた時に、自分が太陽光発電の事を何も知らないんだなぁと実感したのが、家庭用と事業用の太陽光発電の違いを聞かされた事です。

家庭用と言われるのが10kw未満で事業用が10kw以上になるもののようで、家庭用は余剰買取が出来、事業用は全量買取になるようです。

一条工務店の夢発電はだいたい10kw超えの搭載がほとんどであり、私も10kw超えを予定しています。

という事は事業用の太陽光発電になり全量買取なので、余剰買取制度が適用されないようです。

昼間使った電気はそのまま請求が来るという事なので、自らエネルギーを作っているという実感は無さそうです。

オール電化の家庭ではたぶん夜間電力の契約になり、昼間の電気代が高くなると思うので、出来れば昼間の電気は自らの発電で使用させてもらった方が経済的には良くなると思います。

後家庭用と事業用での売電価格も違い、家庭用の方が若干高く設定されています。

でも買取期間が家庭用だと10年で(同じ売電価格だと)事業用だと20年保証されます。

こういう違いがあるというのは知らなかったし、夢発電の話を進めたから知る事が出来ました。

後、太陽光発電を予定している土地に対して事前申請が出来、売電価格をその時の価格で抑えておく事も出来る事を知りました。

私は農地を宅地に申請しているので、すぐに家が建つ事はないのですが、計画段階で太陽光発電を予定しているので売電価格を抑える契約をしました。

去年なので2016年度の価格ですかね?

また地域によっては売電価格を抑える事が出来るところ出来ないところがあるようで、確か関西電力?は抑える事が出来ないようです。

東京電力はまだ抑えておく事が出来るようですが、抑えておく事も色々問題があるようで、もう何年も前から太陽光発電やりますと手上げしてるのに、着手せずそのままずるずるしている事業者もいるようです。

何年も前なので相当売電価格が高い時期かと思いますので、今はパネル自体も性能が良くなってるはずなので、始めたら結構いい収入になるのかもしれません。

ちなみに発電搭載容量は予定容量よりも少なくなるなら可能のようで、確か10kw位変更が可能だったような気がします。

なのでうちは20kw程で申請した記憶があります!
(20kw以上は載せれません。)

太陽光発電と言ってもやっぱり制度があり、たくさんの規定があり、単純なものではないとわかりました。

とりあえずうちではどれくらいの太陽光が載せられるか楽しみにはしています。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ