私が一条工務店を気に入った時の事

こんばんは。
しんパパです。

今日は私が一条工務店を気に入った時の事を書いていこうと思っています。

そもそもハウスメーカーを選ぶ時にまず私はあまりお金がかからないところを選ぼうと思っています。

というのは介護の仕事は給料が安く大手のハウスメーカーで建てようと思ってもまず手が出ないだろうという思い込みがありました。

じゃあローコストのハウスメーカーで良いかと言われると、ある程度の質は大事なんじゃないかと考えてあまりにも安いハウスメーカーも選びたくないとも思っていました。

そこでいろいろ調べて出会ったサイトがこちらです。

ハウスメーカーを坪単価から調べる

元々うわさで耳にしてた一条工務店はものすごく高いと言われていたのですが、このサイトを見ると中間クラスのハウスメーカーとして紹介されていました。

なのでじゃあ一条工務店とやらを見てみようではないかと(見るのはタダですから)思ってモデルハウスに行く事にしたのです。

モデルハウスに行ってからは営業さんにいろいろ一条工務店の特徴や良さを聞いていたのですが、聞く話ほとんどが私の家に対する知識と想像を超える内容で、「一条工務店ってすげぇなぁ!」と感動したのを覚えてます。

まさに私が一条工務店を気に入った理由としてこの感動があったからです。

まず今でもはっきりと覚えてる感動は、シャッターがない事です。

少しふざけてる内容に思うかもしれませんが、シャッターをつけない理由として(その営業さんが言ってたのは)シャッターを閉めっぱなしにしてたら泥棒さんに「留守ですよー」って言ってるようなもので、狙われやすくなるからこそあえてシャッターをなくし、防犯ガラスにする事で侵入を防ぐんだと言われました。

それで私は最近の家電でスマート電球などと合わせて更に防犯性能を上げる事を考えてでもあるんだと思ったのです。

私は私の考えてる事の逆の発想とか好きで、「それは思いつかなかったー!」となるとすぐ感動してしまいます。

後はコスト面です。

全館床暖房なんてお金がかかってしょうがないんじゃないかと思っていたんですが、電気式じゃなく(私は電気式しか知らなかった。。。)温水式で電気をそんなに使わなくて大丈夫である事を知り驚きました。

月々の電気代の支払いも平均8000円程だと言われそれなら床暖房最高だと思いました。
(当時はまんまと騙された?)

他は自社生産でコストを下げている点とcm広告をしないで宣伝費を浮かしてる点です。

高性能な住宅(と思ってます)なのにある程度安く(他と比べて安いわけではない)建てられるというのは裏で企業努力があったからなんだとこれにも驚かされました。

よくある内容ですが、他のハウスメーカーに行くとどれもこれもオプションであったりし、どうせ高くなってしまうと考えてしまうところですが、それが標準で提供できているというのは魅力的でした。

この時自社生産最高!って思ってました!

もう1年も前の事で全て覚えてるわけではないですが、こんな事を感じ一条工務店を気に入った私がいます。

もし住宅の知識が身についていて他のハウスメーカーにもたくさん行ってたら、こんなにも感動したりする事はなかったかもしれませんが、やっぱり出会いはタイミングで、その時の私だったから気に入ったんだと思います。

ハウスメーカー選びはその時のときめき感が大事かもしれませんね。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ