一条工務店のモデルハウスに行って気づけた事、第2弾!窓の性能はとても大事!

こんにちは。
しんパパです。

一条工務店のモデルハウスに行って、営業さんから力強く説明を受けるのはやっぱり窓の事ではないでしょうか?

なぜかわかりませんが、他のハウスメーカーに行っても窓の性能に対して説明を受けるって事はありませんでした。

少ない数のモデルハウスしか行ってませんが、窓の性能について説明を受けたのはヤマダウッドハウスくらいですかね。

ヤマダウッドハウスはペアガラスで中にアルゴンガス充填、中は樹脂サッシ、外はアルミサッシが標準であると聞きました。

後、窓について記憶してるのは、スウェーデンハウスが木製サッシで円窓でも開け閉めが出来てサッシ部分が掃除しやすいとか住友林業ではビックフレーム工法だから出来る大きな窓とかそういうのは聞いたことあります。

ちなみに今スウェーデンハウスの窓について調べたら「家は、窓から。」というキャッチコピーで窓をかなり売りにしてますね。
(私がスウェーデンハウスに行った時はもう3年も前で少し変わったのかな?)

家は、窓から。|スウェーデンハウス

それとヤマダウッドハウスに行った時は一条工務店に行った後だから私も質問して、いろいろ聞けたのかもしれません。

ただ一条工務店に行ったからこそやはり窓の性能を気にするようになったのは確かです。

前の記事でも書いたように防犯ガラスになっていてシャッターが必要ない事を始め、窓からの熱損失が1番大きいという事を知ったのは一条工務店に行ったからです。

たとえ良い断熱材を使用してても、気密性が良くても、窓の性能が悪ければそこから熱は失われ、部屋の中が夏は暑く、冬は寒くなると聞きました。

一条工務店のモデルハウスに行くと、ペアガラスとトリプルガラスの比較コーナーがありますがこれを体験した人もいるのではないでしょうか?

後はペアガラスだと結露が発生して、トリプルガラスだと結露が発生してないよーというのもありますね。

結露に関してもあまり関心がありませんでしたが、そこから木が腐ったり、カビが生えたりと結露の問題も考えなきゃいけないと知りました。

ちなみに真冬の時期の話ですが、介護の仕事をしてるので暖房でかなり暖かくしてる利用者宅に訪問行く事もあり、窓を見ると、銭湯か!っていうくらい結露が酷くて、結露拭きという内容のケアをしてました(笑)

そこは単板ガラスだったので特に酷かったですね。

一条工務店はトリプルガラスが全棟標準にしてるからこそ、窓の事も営業で伝えるんでしょう。

だから窓の大事さを知る事が出来、今は窓の性能が悪いのは嫌だなぁと思いますし、他のハウスメーカーで「トリプルガラスも出来ますよ!」なんて言われても坪単価がいくら上がるのか怖くてやろうとも思えません。

ちなみに今の窓にはサッシ部分に断熱材も入ってたりするようです!

4846B999-B23A-4550-BFF2-A8D3EE09B49B.jpg

この数値が光熱費削減にどれだけ効果があるかわかりませんが、一条工務店で採用して欲しいですね。

窓について学ぶ事が出来て本当に良かったかなと思います。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ



カテゴリー