L字型のリビングもいいね

こんばんは。
しんパパです。

間取りをガラッと変更して2階部分のロスが少なくなった事を前回書きましたが、今回は1階部分の間取りについて書こうと思います。

元々の希望と近い間取りなので、1階部分もとても魅力的な間取りとなりました。

変更前の1階の間取り

 
以前の間取りですが

旧一階間取り

というようになっています。

導線についてはいろいろ多方向からの行き来が出来るようになっています。

リビングについては広そうに見えて、実際オープンステアの部分は居場所としては難しいところなので、実際10畳程だと思っています。

シンプル空間
photo by しんパパ

ここにダイニングテーブルを設置してみると、更に狭くなってくると感じます。

リビングとしてくつろげるのは4畳くらいになるんじゃないかと思います。
(ソファーとか置かないでいてもテーブルにイスを置いて座ったりするので)

リビングの間取り

工夫次第ではもう少し広くなるかとも思っています。

例えばIKEAさんの折りたたみテーブルの商品があり、それを買えばもう少し違うとも思っています。

新しい1階の間取り

 
そして新しく提案された間取りの1階部分です。

L字リビング

オープンステアがなくなり、ボックスステアになったので雰囲気がガラッと変わりました。

トイレの位置が玄関横になり、洗面所が少し広くなりました。
(洗濯機の位置を考えると、使い勝手的に悩ましい、、、)

玄関部分からの廊下が少なくなりました。

後はなんといってもリビングの形がI字型からL字型に変わったのが1番大きなところでしょうか。

キッキンから横並びにダイニングテーブルを置けて、リビングも約8畳程くつろげるスペースが出来る形になったように思います。

またリビング部分の収納も確保してる点もまえと変わらずで良いと思えるところと思います。

ダイニングテーブルをいちいちしまうのはめんどくさいよね?

 
この間取りが提案されてまず悩んだのが、
自分達の生活がどうなるか?
でした。

前回の間取りだと10畳程のスペースがあるので、全てとっぱらえばそれだけのくつろぐ空間が出来ます。

新しい間取りは分け方として、ダイニングが4畳半程、リビングが8畳程と考える事が出来ますが、リビングが確実に狭くなります。

たった2畳分ですが、やっぱり悩みます。

しかしオープンステアのあるリビングだと、広く使いたいならテーブルを折りたたんだり、どかしたりしなければなりません。

ダイニングテーブルを片付けるのってめんどくさいんじゃない?

とだんだん思ってきて、結局ダイニングテーブルを置いたらそのまんまにしてしまう可能性が高いと思いました。

テーブル以外にもイスがありますし。

と考えると、前の間取りだとやっぱり4畳くらいのくつろぐスペースになってしまい、新しい間取りになれば、確実に8畳程のスペースが確保されます。
(テレビの置く場所を考えなきゃなりませんが。)

後はダイニングテーブルの大きさですが、前の間取りの場合、広さを優先するなら折りたたみできる4人テーブルになりますが、L字型の間取りだとどうせキッチン横に何か出来るスペースにはならないので、テーブルを遠慮なく6人がけのを置けます。

折りたたまない可能性大の折りたたみテーブルにして間取りの広さを取るか、大きいテーブルを小さくする必要がなく確実に、ある程度の間取りの広さを取るかを考えたらやっぱり後者だと思いました。

うちは新しい間取りの方に決めたのはテーブルのめんどくささの解消が決め手かもしれません。

にほんブログ村 住まいブログへ  にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 一条工務店へ  にほんブログ村 住まいブログ マイホーム計画中へ



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。